masquerade0324のブログ

とある大学院生のメモ書き

綾辻行人「暗黒館の殺人」

綾辻行人暗黒館の殺人」全四巻を読み終えました.

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫)

暗黒館の殺人(二) (講談社文庫)

暗黒館の殺人(二) (講談社文庫)

暗黒館の殺人(三) (講談社文庫)

暗黒館の殺人(三) (講談社文庫)

暗黒館の殺人(四) (講談社文庫)

暗黒館の殺人(四) (講談社文庫)

館シリーズの作品で,なんと文庫版で全四巻あります.かなりの分量です.読み応えあります.

基本的には,第一巻から第三巻が問題・導入編であり最終巻が解決編になっています.なので,第三巻(と最終巻の最初の方)まで読まないとそもそも問題すべてを把握できません.作風としては変わってるなというのが印象です.「視点」というのが大きく関わってくるのですが,これは読んでください.本当に物語の根幹なので.ミステリなんですが,問題編を読んでいるときはそんなことあるわけないのではないかと思うようなことが語られます.その背景にあるようなことが物語を解決する上では関係ないのですが.先程も言ったように,読み応えがあって問題とは関係ない部分がとても興味深くて引きこまれました.暗黒館の艶のない黒に魅了されたのかもしれませんが.といっても,おそらく読んでいるとかなり混乱します.意図的にそうなるようにしてあると思いました.そこで解決編です.館シリーズの多くて「えーっ!」となるような真実が語られるのですが,暗黒館の殺人もその例に漏れません.驚きました.いろんな意味で.それは純粋に殺人事件の解決だけに限りません.館シリーズを語る上で避けられない「中村青司」に関しても「えっ!?」となることまちがいなしです.そういった驚きを求めてるのでうれしかったですね.いま読み終えたばかりなのでまだ興奮が冷めてないですね.

長かったけどおもしろかったです.それにつきます.館シリーズの次もまた読みたいです.

最後に,この「暗黒館の殺人」では登場人物が多いです.誰が登場するのかを名前だけ紹介しましょう.

  • 江南孝明
  • 鹿谷門実
  • 浦登玄遙
  • 浦登ダリア
  • 浦登桜
  • 浦登卓蔵
  • 浦登カンナ
  • 浦登美惟
  • 浦登望和
  • 浦登柳士郎
  • 浦登玄児
  • 浦登美鳥
  • 浦登美魚
  • 浦登征順
  • 浦登清
  • 田切鶴子
  • 蛭山丈男
  • 宍戸要作
  • 鬼丸
  • 羽鳥しのぶ
  • 羽鳥慎太
  • 諸居静
  • 諸居忠教
  • 首藤利吉
  • 首藤茅子
  • 首藤伊佐夫
  • 村野英世
  • 市朗
  • 「私」(中也)

29人ですね.しかも浦登家の関係が結構複雑です.といっても,四巻まで行く頃には頭に入ってしまうのですが.