masquerade0324のブログ

とある大学院生のメモ書き

過酷なセミナ

今回は完全に愚痴です.

大学院で私の所属している研究室では,毎週セミナがあります.これが大変です.早く終わる時には3時間ですが,遅く終わるときは7時間延々とやっています.もちろん,実力がつくとは思いますが,正直厳しいです.もう集中力なんて2時間あたりで切れてしまいます.

発表者のときは大丈夫です.確かに事前の準備や,教授・准教授の指摘は厳しいですが,それでも私は説明が研究室内では相対的に上手なので,早く終わります.

問題は傍聴者のときです.私の研究室の同じ学年は,先生方に「説明が下手すぎる」と言われるレベルで,はっきりいって,7時間でも目的は達成できないことが多いです.簡単に言えば,強制終了や強制的に飛ばされるわけです.それは,圧倒的な準備不足や,説明が下手(というよりも,全く向上していない)ということに起因します.

大学院を終了するまでには,私の学年もなんとか普通レベルにはなりたいものです.